読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の傷と前代未聞の物語

成長する過程にも簡単ではない状況にも出会いによる重要なところかもしれない

求めるものの力は様々に影響するいい仕事をして育成のもたらす効果は金では買えないものの 宝になっていくのかもしれない

おかしいと思っていてもごっちゃまぜの無責任体質においそれと変えることができないでいるために縦横無尽にある空気の流れに任せている影響力がもたらしている問題なのかもしれない

犯罪を実行する前段階の「予備」「陰謀」「準備」段階を処罰する規定がすでに存在していることに触れ、「新たな立法をする必要性は乏しい」と指摘した。

つらい気持ちを言えない人間がもたらすことによって国を生かすも殺すも歴史的要素の順応性に新たな考えに固執する習慣で長く連鎖の如く作り上げてきた組織つくりも宇宙にも人が住めるハイテクに生き抜く時代には昔にできていた公のお妾さんや二号さんの堂々した生活ぶりも特に甲斐性のある芸能界や政治家に多く後々のまねをする世代に形変わればの考えでも非常に困難になったのかもしれない

日本でのストレスの連鎖はコネや世襲制によって腫れ物にあたるようにして仕事をする人にとっての仕事の分担が違いすぎるのもこじれればお墨付きのないものには耐えがたいものになって

強い日本の象徴はいまだ健在になってどんな耐えがたい仕事にも何も言えないことがさらに隠ぺい体質の材料になっているかもしれない

*****掛介麻久鍼畏伎伊邪那支大神

*****筑紫乃日向乃橘乃小戸乃阿波岐原雨

*****禊祓閉給比志時雨正里坐世留

*****祓戸乃大神等諸々禍事罪穢

*****有良露牟呼婆祓閉給比清米給閉登中須事手

*****聞食世登恐美母白須

反トランプ意識に燃えるハリウッド、アカデミー賞は政治色だらけに?【第89回アカデミー賞

トランプ大統領「ホワイトハウス記者会主催夕食会に出席しない」

最低映画を決めるラジー賞発表!『バットマン vs スーパーマン』が最多受賞!【第89回アカデミー賞

米メディアとトランプ氏「毎日が戦いになる」 バノン首席戦略官

トランプ政権、トランスジェンダーの生徒の保護に関する指針を撤回

米国の十代トランスジェンダー、ジャズさんの人形が登場

とってもモフモフ ハスキー犬に育てられた猫が立派な姿に

“スーパーヒーローのようなリス”に大反響

耳に「もう1つの顔」があるワンコ “奇跡の写真”がきっかけで飼い主が見つかる

SATURDAY: Make your voice heard for affordable health care

From:Donna Brazile

発信元:democrats.org

To:Ezakifirst Name: Nobukolast Name:

2017/2/23, Thu 22:19

DemocratsJoin us.

Grassroots Democrats are organizing events across the country on Saturday, February 25th to protect affordable health care. Make your voice heard at a volunteer-led event in Los Angeles:

RSVP

Republicans thought they could repeal the Affordable Care Act without a fight. Youre proving them wrong.

Calling Republican members of Congress and showing up at their town halls (for those who havent chickened out of holding them) is making a big difference -- so lets keep it up!

On Saturday, grassroots Democrats are organizing rallies and events across the country to let Republicans know we wont back down from defending affordable health care, Medicare, and Medicaid.

It looks like theres a volunteer-led event happening near you -- will you join Democrats in Los Angeles?

Health Care March at the Wilshire Federal Building

When: Saturday, February 25 at 12:00 pm PST

Where: Wilshire (Westwood) Federal Buiding

11000 Wilshire Blvd.

Los Angeles, CA 90024

RSVP

Were all in this together. Thanks for making your voice heard.

Donna

Donna Brazile

Chair

Democratic National Committee

RE: read now (don’t delete)

From:John Lewis

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/2/23, Thu 15:10

I emailed you.

Nancy Pelosi emailed you.

And now I’m emailing again.

It’s because the special election in my home state of Georgia is so important.

I know grassroots Democrats are fired up!

(And the Republicans are terrified because this could be President Trump’s first big loss.)

But we can’t come out on top unless we keep this momentum going.

We still need 2 gifts from 90013 before midnight -- will you pitch in $1 to defeat Republicans in Georgia and around the country?

Chip in $1 immediately

Chip in $35 immediately

Chip in $50 immediately

Chip in $100 immediately

Chip in $250 immediately

Or donate another amount

Thank you,

John Lewis

アカデミー賞>黒人俳優の受賞目立つ

2/27(月)

 今回のアカデミー賞では、黒人俳優の受賞が目立った。演技部門の候補者が前回まで2年連続で白人ばかりとなり批判されたが、男女助演賞を黒人俳優が獲得した。

 助演男優賞には貧困地域に暮らす黒人少年の成長を描いた「ムーンライト」(バリー・ジェンキンス監督)で少年に優しく接する男性役を演じたマハーシャラ・アリさんが選ばれた。助演女優賞は「フェンシズ」(デンゼル・ワシントン監督)で主人公の妻を演じたビオラ・デービスさんが受賞した。

 一方、いわゆる賞レースとしての今年の注目は、ミュージカル映画「LA LA LAND/ラ・ラ・ランド」(デイミアン・チャゼル監督)。作品賞など史上最多タイの14ノミネートされたが、史上最多受賞は逃した。長編アニメーション部門はディズニーの「ズートピア」が選ばれ、スタジオジブリ作品「レッドタートル ある島の物語」(マイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督)は受賞を逃した。

作品賞発表で前代未聞ハプニング

2月27日

 米ハリウッドで26日(日本時間27日)に行われた第89回アカデミー賞授賞式で、作品賞の発表を誤る前代未聞のハプニングがあった。作品賞は「ムーンライト」が受賞したが、プレゼンターのウォーレン・ベイティフェイ・ダナウェイが封筒を開けて一瞬けげんそうな間を置いた後、「ラ・ラ・ランド」と読み上げた。「ラ・ラ・ランド」の関係者が壇上に上がり、プロデューサーらが受賞の喜びを述べ終わった後に、訂正された。プレゼンターに誤った封筒(主演女優賞のもの)が手渡されていた模様だ。

.

反トランプ意識に燃えるハリウッド、アカデミー賞は政治色だらけに?【第89回アカデミー賞

2/26(日)

 アカデミー賞が直前に迫った。女優たちがこの夜のためにトップデザイナーに作ってもらった美しいドレスを競い合う、このハリウッドで最大の祭典は、今年、まるで違った雰囲気をもつものになりそうだ。理由はひとつ、トランプである。

 暗い雰囲気は、昨年もあった。2年連続で演技部門の候補者20人が全員白人だったことから、ノミネーション発表直後に“白すぎるオスカー”批判が爆発し、スパイク・リーやウィル・スミスなどセレブがボイコットを宣言。当日は会場近くで抗議デモが起こり、ホストのクリス・ロックも、舞台で、人種差別にからむ強烈なブラックジョークを連発した。自分たちに向けた批判であるだけに、居心地の悪い思いで会場に座っていた白人は、少なくなかったはずだ。

ゴールデン・グローブ賞のスピーチが話題を呼んだメリル・ストリープ。トランプに成り切ってニューヨーク・パブリックシアター・ガラの舞台に立ったことも話題に。Paul Zimmerman / WireImage / Getty Images  しかし、今回の敵は、ハリウッドが一丸となって対抗するトランプである。もともとリベラルで、民主党支持者が大多数を占めるハリウッドは、選挙中からトランプを批判してきた。ゴールデン・グローブ賞授賞式でメリル・ストリープがあの有名なスピーチをしたのは日本でも広く報道されたようだが、その後の全米映画俳優組合(SAG)賞授賞式は、それどころではない反トランプ節の連発だった。  この週末の全米脚本家組合(WGA)賞授賞式でも熱はさらに増しており、オスカーも政治的になるのは必至だろう。今年のホストのジミー・キンメルは、昨年秋のエミー賞授賞式でもホストを務め、かなりのトランプ批判をしていた人。今年のオスカーのプロデューサーは、当初、政治色の薄い、楽しい授賞式にしたいと思っていたようだが、この状況でそこに目隠しするというのは、あまりに非現実的である。

. 敵も黙ってはいない。トランプ支持者はFacebookで「娯楽業界の憎しみに満ちた人たちに対抗しよう」とオスカーのボイコットを呼びかけ始めた。The Hollywood Reporter によると、トランプ支持者の66%が、「オスカーでスピーチが政治的になったら、チャンネルを変える」と答えている。会場周辺のセキュリティーが厳重なのはいつものことだが、今年はテロ対策に加え、そういった反リベラルの人々の危険行動も考慮されているようだ。こういった空気が、受賞結果にも多少影響を及ぼすことは、ありえる。圧倒的フロントランナーはミュージカル『ラ・ラ・ランド』だが、数日前から、映画関係者や批評家の何人かが、人種、貧困問題に触れる『ムーンライト』の重要性を主張する記事やオープンレターを発表している。トランプの入国禁止令に抗議すべく、イランのアスガー・ファルハディ監督は授賞式欠席を決めたが、彼を応援する人の票が、彼の『セールスマン』を外国語映画賞受賞に導くことも考えられる。

演技部門、期待のサプライズは『フェンシズ(原題)』のデンゼル・ワシントン?(C)Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ  ただ、演技部門の結果は、これまでのほかの賞の受賞結果に沿った、あまりサプライズのないものになりそうである。気になる点といえば、このシーズン、圧倒的に勝ちまくってきたケイシー・アフレックが、つい最近、彼を押しのけてSAGを受賞してみせたデンゼル・ワシントン主演男優賞を奪われるかどうかだろう。  この話題のついでに、明確にしておきたいことがある。今年の演技部門には有色人種が7人も入ったことから、「“白すぎるオスカー”の反動だ」という日本の記事を見たが、それは違う。映画を作るのには時間がかかる。華やかなスターの出ない人間ドラマなら、とくにそうだ。『ムーンライト』の製作が始まったのは2013年、『フェンシズ(原題)』はそれよりずっと前から努力がなされてきた。

 昨年1月、つまり“白すぎるオスカー”批判のまっただなかに、黒人キャストの『ザ・バース・オブ・ア・ネーション(原題) / The Birth of a Nation』がサンダンス映画祭で賞を取り、あの段階で「これがあるから、来年は真っ白にはならない」とも言われていた。あの映画はネイト・パーカー監督の過去のレイプ疑惑ですっかり失速してしまったのだが、逆に、誰も聞いたことがなかった『ムーンライト』『ヒドゥン・フィギュアズ(原題) / Hidden Figures』などが、作品の力で這い上がってきたわけである。今年、これらの作品が揃ったのは、アカデミーにとって、うれしい偶然。これらの作品や俳優の健闘ぶりを「批判への反動」と決めつけるのは侮辱であることを認識するべきだ。

トランプ大統領「ホワイトハウス記者会主催夕食会に出席しない」

2/26(日)

米国のドナルド・トランプDonald Trump)大統領は25日、これまでの伝統を破り毎年恒例のホワイトハウス記者会主催夕食会(White House Correspondents Association Dinner)に出席しない意向を表明した。この夕食会は記者会が大統領を主賓としてもてなすもので、セレブも大勢出席する。

 トランプ大統領はツイッターTwitter)に「私は今年のホワイトハウス記者会主催夕食会に出席しないつもりだ。どうかみなさんで楽しんで、すばらしい夜を!」と投稿した。

 ホワイトハウス記者会は、「(合衆国政府が言論および報道・出版の自由を制限することを禁じた)合衆国憲法第1修正と、健全な社会において独立した報道メディアが果たしている重要な役割を祝うもの」として夕食会は4月29日に予定通り行うと主張した。

 1921年から続いているこの催しでは、毎年ジャーナリズムを専攻する学生数人に奨学金が与えられる。  トランプ大統領はこの前日、メディアを「米国民の敵」と呼んでメディアへの攻撃を再開していた。トランプ氏はメディアとの戦いの中で言論界に「偽ニュース」「野党」とのレッテルを貼ってきた。  ホワイトハウスは24日、CNNテレビや、米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)とニューヨーク・タイムズNew York Times)、政治ニュースサイト「ポリティコ(Politico)」などの米メディア数社を定例記者会見から締め出した。

 一方、右派系ニュースサイトのブライトバート・ニュースBreitbart News)やワン・アメリカ・ニュース・ネットワーク(One America News Network)をはじめとする政権に好意的な報道をしてきた小規模メディアは会見への出席を許可された。  ホワイトハウス記者会は、メディアに取材の機会を与えないこの決定に対し「強く抗議」し、この問題を政権に訴えていくと発表した。

最低映画を決めるラジー賞発表!『バットマン vs スーパーマン』が最多受賞!【第89回アカデミー賞

02月26日

 昨年1年間の最低映画を決定するラジー賞こと第37回ゴールデンラズベリー賞が、第89回アカデミー賞授賞式を翌日に控えた現地時間25日に発表され、二大ヒーローの映画初共演を描いた『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とアメリカで賛否両論を巻き起こしたヒラリー・クリントン氏のドキュメンタリー映画『ヒラリーズ・アメリカ:ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ザ・デモクラティック・パーティー(原題) / Hillarys America: The Secret History of the Democratic Party』が、それぞれ最多4部門で受賞した。 最多ノミネートを果たした『バットマン vs スーパーマン』と『ズーランダー NO.2』の一騎打ちかと思われた今年のラジー賞。しかし、数多くのセレブが反発を示したドナルド・トランプ大統領誕生の影響はダメ映画の祭典にも影響を及ぼし、政治色の濃い結果となった。 作品賞に選ばれたのは、ヒラリー氏の汚れた真実と民主党の隠された歴史を分析するとうたい、大統領選を前に公開されたドキュメンタリー『ヒラリーズ・アメリカ:ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ザ\xA1

Ε妊皀唫薀謄↗奪咩Ε僉璽謄▷次文饗蝓法戞K楮遒鮗螻櫃韻榛邁箸離妊↗優轡紂Ε疋ゥ后璽兇郎把稈僕ゾ泙蛤把禊篤直泙鮗晥沺⦿把秉焫ゾ泙砲盖韻Ⅷ舁徂怘腓鬚曚榮叛蠅靴拭▷,泙拭∈把祓撚茲両旅罎鰐箸譴燭❶◆悒丱奪肇泪\xF3 vs スーパーマン』も最低脚本や最低リメイク、パクリ、続編映画に選ばれる結果に。今後のDCコミックス映画の先行きに不安を残した。

 一方、不名誉からの復活を果たした人物に贈られるラジー名誉挽回賞はメル・ギブソンが受賞。こちらは10年ぶりの監督復帰作『ハクソー・リッジ』が見事アカデミー賞6部門にノミネート。メル自身も監督賞候補に選ばれており、納得の選出となった。

米メディアとトランプ氏「毎日が戦いになる」 バノン首席戦略官

02月24日

ドナルド・トランプDonald Trump)政権のスティーブ・バノン(Steve Bannon)首席戦略官・上級顧問は23日、首都ワシントン(Washington D.C.)近郊で開かれた保守派の政治集会で講演し、米メディアがトランプ大統領のあらゆる動きに「反対」しようとも大統領は政策を断行するとして「毎日が戦いになる」と述べた。

1月にトランプ大統領が就任して以後、バノン氏が公の場で演説するのは非常にまれ。

バノン氏は、共和党系の保守政治行動会議(CPAC)に集まった数千人の草の根運動家らを前に、米メディアに言及し「改善しないばかりか、むしろ悪化していく」と指摘。メディアはトランプ氏が提示した「経済ナショナリズム政策に反対」していると主張した。

さらに「もしも戦うことなくして米国を取り戻せると考えるなら、残念ながらそれは間違いだ」「毎日、毎日が戦いになるだろう」と語った。 バノン氏は、人種差別的・反ユダヤ主義的・反移民的な要素を持つ「オルト・ライト」(オルタナ右翼)と呼ばれる運動をあおっているとして批判されている、米右派系ニュースサイト「ブライトバート・ニュースBreitbart News)」の元会長。トランプ大統領は、経済・外交政策の方向性をめぐり、米金融大手ゴールドマン・サックスGoldman Sachs)出身のバノン氏に大きく頼っており、同氏はトランプ政権において強大な権力を振るっているとみられている。