読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放課後2

向こう見ずな瞳を

眩しく感じたのは

あなたが少年のような笑みを浮かべるから

そんなところが好き

私は教室の窓から

密かに視線を送るけど

あなたの隣には

いつもあの子がいた

次は

どんな景色が広がるだろう

雨が降っても

茜色の夕焼けがみえても

2人ならきっと

素敵なストーリーが始まるし

ずっと2人なら

きっと

ずっと