読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛犬

先般、数週間入院。帰宅して愛犬と語らうこと楽しや。

懸命にフーン、クゥ〜ンと延々語り続ける愛犬。

撫ぜると微妙な感触。腹に毛玉。

家人にリハビリがてら散歩をしてくる、と言い置いて犬の美容院へ行った。

老店主と病の話題で盛り上がりつつ、ガラス越しに若手のバリカン裁きに見ほれる一刻。

愛犬よ、おまえは犬では無くて羊であったかや?足元にこんもりと毛の富士山。

シャンプーも無事終り、一回りスリムになって自分に飛びつく。

「おお、可愛くして貰ったな」と顔を挟む。ツンと得意顔の我が相棒。

日常のささやか事はこんなにも楽しい。

ああ、もう少しの間、コイツの為にも長生きしたいものだ。