読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えてくれてありがとう

小学生の頃に好きだった同級生の

妹とひさびさに再会した。

5つ年下で 彼女が

いちねんせいの頃に

私は6年生で

かわいくてかわいくて

休憩時間に遊んだり

だっこをしたりしたんだ

声をかけると フルネームで

覚えていてくれて

本当に、とても嬉しかった

もともとは 明るくて

活発で 社交的なタイプだったのに、

対人恐怖症や過呼吸

不安神経症になったり

してしまってからは

自分では 面影もなく

変わってしまったと、

卑屈になっていたけど、

なにも変わってないと

笑いかけてくれて

すこし驚きながらも

あんしんした。。

私のこと、覚えててくれて

ありがとう と言うと

元々、とてもかわいい女の子だったけど、

大人になって綺麗な女性に

なった彼女が 覚えているよ と

微笑んでくれたことが

ことばにできないくらい

嬉しかった。

鬱になって、

おかしくなった自分の

かわりように 親族からも

変わってしまった

変わってしまったと

言われていたけど

なにも変わってないよの

一言に すべてが救われた気がした。