読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Black Beauty・・・悲しい結末

 負けはない、すべては勝ちの途中。

 そう思って、手を動かし続けてきたタミヤ1/20ロータス79。

 幼稚園で模型を作り始めて、40年以上。無心に楽しんでいた子ども時代はともかく、大人になってからは、むしろ完成した、ということの方が少ない。

 この日記においても、途中で投げ出したキットは数知れず。それでも、いつかは完成するから、と心の中では言い訳してたんだけどさ。

 このロータスについても、いろいろ失敗し、でもとにかく組み上げて、数々の傷もみないふりして飾ろうと思っていたんだ。

 そして、そのとき、それは起こった・・・。

           

 一度、接着したカウル。カタカタしていたので、はずしてエポキシ接着剤でがっちりと、と思ったんだけどなぁ。あちこち浮いてしまうので、「あれ?こっちか?いや、こっちもすきまが・・・」と、ぐいっと押したときにね。

 パキっと。

 ・・・。

 これをリカバーするには接着して、塗装をやりなおし。デカールももう一個買ってこないといけない。タブデザイン使っているので、色がちがうのを無視してキットのデカールを使うというのもあるかもしれないけど。

 でも、もはや心は折れた(苦笑)。

 ロータス79はかっこいいので、いつかタミヤのキットとデカールを買い直して再挑戦はしようと思う。ハセガワのキットも持っているけど、それはそれとしてね。

            

 悲しくはあるが、このキットはここまで。部品とりにするか、あるいは気持ちが戻ったら、カウルをはずしたストリップモデルとして組み上げるというのもありかもしれない。

 でも今は、箱に納めて見えないところにしまっておこう。

 なんか、ポエムでも読みたい気分だ・・・(泣笑)。