読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰り道の偶然−1

大多喜城から、あとは帰るだけだったのですが、

その道は偶然にも大多喜駅の前を通る事になっており、

駅構内を見ると懐かしい車両が停まっているではありませんか

手前には年代物の鉄道施設があったりして雰囲気抜群です。

どうやら2両編成の大原行きが駅に到着したところのようです。

でも車両の間に駅員さんがいて何かしているぞ!

という事で少し様子をうかがっていると、2両は切り離されて

前の黄色い車両だけが大原に向かって出発して行きました。