読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を意見を言うという社会貢献

 アサーションまたはアサーティブネスとして知られる自分の思いを伝えるトレーニングで強調されることがあります。

 率直です。

 正直に、素直に、嘘なく、簡潔に、要を得て、明瞭に、相手に分かりやすく、伝わりやすく、発言しようとするときは、これを心がけます。

 今回は、この率直に言うこと。についてのひらめき記事です。

 率直に自分の思いを伝える。

 率直に自分の意見を言う。

 率直に言いづらいことでも言う。

 自分の思いを率直に相手に伝えることで、わだかまりを無くす。そういう目的、効果があります。

 率直に伝える。それは言い換えると、

 自分の内なる思いを相手に手渡すこと。

 自分の意見を(会議など)その場に提示すること。

 批判めいたことになるけど相手の改善点を指摘すること。

 つまり、

 自分の思いを提供すること。

 そうして、

 相手や私の関係をよくしていく。

 相手の利益になる。もちろん私のためになる。

 これはつまり、

 貢献ではないか?

 そんな風にひらめいたのです。

 もし、

 相手や自分やその場のために、何か役立つことを言った方がいいんじゃないか。

 という思いが、そう強くなかったら、率直な発言はしないように思うからです。

 相手や自分やその場に貢献したいから、その可能性があるようだから、私は私の思いを提供する。率直に。

 そんな気持ちが働いているように思えるのです。

 それは、自分の思いは、なにかに貢献できる! なんかの役に立つ! という風に、自分の発言に価値を置いているからできることかもしれません。

 率直な発言の裏には、そんな思いがあるような気がしています。