読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジタイガー

秋になるとふり注ぐお日様の光も街行く人々もなにかすべての色が夏山の名残さえも宇宙に恋した乙女のように日に日に濃いオレンジ色になっていくような気がする

一方で風で散った紅の葉を際立たせようと大河の水は鉛色となる準備を始め冬を心待ちにしている黒髪を滑り落ちた水は女性の膨らみをなぞるようにしっとりと山々の間を流れ大空に浮く白雲は物悲しくなった人々の心の蓋となった

秋の色ふかまりし庵に聞く鳥の声さびしくも堪えて明くるや

いやーん

リーダーにおこられるーン

智子先生のケツなでなで

★ふざけない